2005-3-10

少しずつ慣らしていく(貯金について その2)


貯金のことを考えていたら、ふと同棲時代の頃を思い出しました。
私達は旅行が趣味で、ある時、彼(夫)が
「一緒に貯金をはじめよう」と言い出しました。
貯まったお金を旅行資金の足しにしようと考えたからです。

こうして私達は、最初は1人5,000円からスタートしました。
1人毎月5,000円と聞くと、旅行資金というより
ほんと旅行資金の足しだねと思われるかもしれませんが、
この額で貯金を続けていくと、
1年後には合計12万円、1人6万円になります。
1人6万というお金は大きいです。
「よし、旅行だぁ~!!」といきなり6万円を準備するのはしんどいですが、
月々5,000円ずつ出すのはそんなに負担にはならなかったです。

さらに、当時の私達には、貯金のルールがありました。
最初は5,000円からスタートだけど、
『半年毎に5,000円金額をUPする』というルールです。

だから、最初の半年は、5,000円×2人×6ヶ月で6万円
次の月からは10,000円×2人×6ヶ月で12万円
1年目は合計2人で18万円、1人9万円貯金しました。

2年目はさらに多く、2人で42万円も貯金しました。

3年分を表にしてみるとこんな感じです。
半年後 1年後 1年半後 2年後 2年半後 3年後
1人あたりの
貯金額
5,000円 10,000円 15,000円 20,000円 25,000円 30,000円
2人の小計 60,000円 120,000円 180,000円 240,000円 300,000円 360,000円
2人の合計 1年目 180,000円 2年目 420,000円 2人で660,000円


半年毎に貯金額を5,000円UPさせるだけで、大幅に貯金額がUPしました。
最初から30,000円貯金しようとするとかなりキツイですが、
徐々に金額を増やして慣らしていく方法なら無理なくできると思います。

あと、この方法はいつか限界がきます。
生活を犠牲にしてまで貯金するのは本末転倒なので、
限界がくる前に貯金額をUPするのはストップしてくださいね。


同棲時代は、私は社会人で、夫は大学生だったので、
私の給料と夫のバイト代、そして夫の両親からの仕送りで生活していて、
生活費は折半していました。

結婚してからは、私は社会人、夫が大学院生になり、
生活費は私の給料と夫の奨学金に変わりました。

結婚してからはこの貯金方法は休止して、
月々5万円貯金する方法に切り替えています。


いきなり貯金をするのは難しいので、少しずつ慣らしていきましょう。




« レシートをもらう理由 | 結婚私の場合トップページ | どこにお金を使うのか? »


レディースファッション