2006-3-26

心の変化


 お友達が赤ちゃんを授かったようです。
その知らせを聞いてとてもうれしく幸せな気持ちになる自分がいました。
数年前の私だったら、うらやましくて泣いていただろうな…。
赤ちゃんは、同棲した頃からほしい気持ちはあったけど、
どう考えても経済的に無理なので入籍してから考えようと思っていました。

その後、私達はめでたく入籍。しかし、夫は大学院に入学。
予定通りにはいかず、夫婦で話し合った結果、
すぐには赤ちゃんは無理だねという話になりました。
結婚したものの思い通りにはいかず、状況を知らない人からの
「赤ちゃんはまだなの?」という何気ないひと言がぐさっと突き刺さり、
また、友達が妊娠したという知らせを聞くたびに、部屋で1人泣いていました。

 そうやって『ないものねだり』の日々を過ごしていた私でしたが、
いつの間にかオメデタ話題を聞いても、涙を流すことなく、
逆に新しい命の誕生を素直に喜ぶ自分がいました。
きっと、今ある2人の生活を大切にしたいと
いつの間にか自然と思うようになったからだと思います。
2人で過ごす時間は、今と子供が自立した後くらいしかないしね。
近い未来、私のところにも赤ちゃんがやってくるのを楽しみに
今ある生活を大事にしていきたいです。




« たまには・・・。 | 結婚私の場合トップページ | 惹かれあう顔 »


レディースファッション