2006-3-26

出会い


 私と夫が出会ったのは、私が21歳の時。22歳の誕生日の約3ヶ月前です。
私が社会人1年生、夫は私より2歳年上ですが、なんと大学生でした。

 その頃の私は、就職し、一人暮らしを始めたものの、料理はダメ、部屋はちらかっている、
家で毎日酒は飲む等ひどい生活をしていました。
夢見た一人暮らしの現実は厳しく、そんな日々にうんざりしていました。
そんな時、夫に出会いました。

 家と職場の往復で、職場関係以外の出会いがなかった私は、
環境の違う夫にしだいに惹かれていきました。
彼氏ができた事はうれしかったのですが、夫は結構はっきり言うタイプなので、
私の悪い所をズバズバ指摘しました。その度に何度も別れようと思いました。

 でも、夫は私と長くつき合いたいと思っていて、
私に今よりもよくなってもらいたい気持ちから言ってくれている事を
つき合って半年くらい経って知りました。

 それからは、彼の指摘を素直に受け止めるようになったし、
私も我慢しないで思った事を言うようになりました。
そのことがお互い信頼関係を築けたのではないかと思います。

 そして、気が付けばあっという間につき合ってから1年が過ぎていました。
夫が大学(6年制)を卒業するまであと3年。
当時は2人とも結婚願望がなかったので、結婚は全然考えていませんでした。
それに、私の両親に学生というだけで夫との交際を反対されていたので、
結婚なんてとんでもない話でした。

 でも、夫とのつき合いが長くなるにつれ、
だんだんと夫は私にとってかけがえのない存在になっていきました。
結婚しなくてもいいから、一緒に暮らしたい。しだいにそういう気持ちが強くなっていきました。




« 一緒に暮らすこと(あこがれ編) | 結婚私の場合トップページ | 一緒に暮らすこと(実践編) »


レディースファッション