2006-3-28

初めての花火大会































2004年7月24日(土)

 私が就職した年の夏、地元の女友達と一緒に行った花火大会で、「来年の花火大会はお互い彼氏と行きたいね」と話してから、気がつけば約7年の歳月が流れた。
 
 私はその約半年後、夫と出会いつき合い
はじめるのですが、『花火大会に彼氏と行く』という願い(?)は叶わぬまま結婚。夫とは、ちょうど花火大会の時に2人でまたは夫単身で旅行中だったり、私は人ごみを、夫は、もともと人ごみと夜店を好まない人だったので、2人の間で積極的に花火を見に行こうという話に今までならなかったのです。彼氏が出来る前は、彼氏と花火大会に行く事が憧れだったのですが、いざ彼氏が出来るとその気持ちはだんだん薄れていきました。
 
 でも、またなぜか昨年頃からまた花火行きたい病が私の中で再発。残念ながら昨年は実現できなかったので、今年こそはという思いがありました。広島で大きな花火大会と言えば、『宮島水中花火大会』と『広島みなと夢花火大会』。宮島は距離的に無理なので、宇品で行なわれる『2004
広島みなと夢花火大会』に行こうと心の中で決めていました。

 しかし、詰めの甘い私。花火大会の日を全然把握していませんでした。(汗)前日、たまたま職場の飲みがあって、そこで明日花火大会がある事を知ります。「絶対、行きたい!」と私は心の中で思いましたが、夫が一緒に行ってくれるか不安でした。しかし、その心配は無用でした。その夜、夫とささいな事で喧嘩になり、私が激怒。いつもなら怒る事ではないのに、私も飲み会帰りで酔っていたので感情的になってしまったのです。夫はすごく慌てたみたいで、「どうしたら、許してくれる?」と言うので、「明日一緒に花火に行ってくれたら許す」と私は言いました。そんなわけですんなりと花火を見に行くことになりました。

 ぎゅうぎゅう詰めのバスと電車を乗り継いでなんとか花火開始時間に会場に到着。帰りも混むので途中で帰りましたが、間近に見る花火の迫力はすごくとても綺麗でした。花火はとても華やかな反面、散った後がとてもはかなくて悲しい気持ちになりますが、夫と一緒に花火を見てよかったと思いました。花火ってやっぱりいいですね。花火の美しさに感動しました。
(ただ、人ごみの多さにかなり疲れたので、来年行くかどうかはわかりませんけどね・・・。)こうして、約7年かけてやっと私の願いが叶ったのでした。
































« 生きててよかった! | 結婚私の場合トップページ | オランダ・イタリア:旅の目的は? »


レディースファッション