2006-3-29

オランダ・イタリア:ジェノバでの日々



1999年2月24日(水) ジェノバに一泊。
1999年2月25日(木) お昼カフェでランチ。


 私達の乗った電車は、ジェノバに無事到着。宿を決めていなかったので、彼がホテルを交渉して決めてくれました。(すごい!)ジェノバは、本屋さんもジェラートを食べたお店の人も温かさを感じ、とてもいい街だと思いました。

 ホテルでテレビを観ると、はじめ人間ギャートルズやヤッターマンをやっていました。日本のアニメをイタリアで観る事になるなんてびっくり。他にもいろんな番組があるけど、何を言っているのかさっぱりわからない。でも、想像しながらテレビを観るのは意外と面白い。

 25日は、お昼にMERIDIANAというカフェで食事をしました。外から見ると、地元の人達でにぎわっているようだったのでこのお店に決めました。でも、お店に入る時、少し勇気がいりました。店内は、人がいっぱいだったので、座るところがなかったのですが、親切なイタリア人のカップルが荷物を椅子からよけてくれたので、私達は、彼らの横のテーブルにしました。

 イタリア人のカップルの男性の方は、少し日本語を知っているようで、私達が日本人だとわかると、「ボクハ ガクセイデス」など、日本語を披露してくれました。彼も負けずにイタリア語を披露しました。するとどこで勉強したのかと2人ともびっくりしていました。とても親切な人達で、お店のメニューが筆記体で書かれていてよくわからなかったのですが、英語でわかりやすく説明してくれました。お店の人もとても親切だったので、とても楽しい時間を過ごす事ができました。

 私は、このお店で初めてペンネを食べました。(※当時は日本でペンネを食べた事がなかった。)私達より先にイタリア人のカップルが店を出たのですが、帰る時に手を振ってくれました。その時、イタリアに来てよかったと初めて思いました。




« オランダ・イタリア:ミラノの印象 | 結婚私の場合トップページ | オランダ・イタリア:フィレンツェに到着 »


レディースファッション