2006-3-30

オランダ・イタリア:ローマの休日



1999年3月3日(水) フィレンツェからローマへ

せっかくホテルのオーナーファミリーと仲良くなったのに、今日でフィレンツェともお別れ。オーナファミリーもそう思ってくださったようで、記念にレターセットをプレゼントしてくれました。

そして、私達は、ユーロスターに乗って、最後の目的地ローマに向かいました。なぜか車内販売の男性が私達にクッキーをくれました。窓からはのどかな田舎の風景が見れて心が和みました。私達は、無事ローマのテルミニ駅に到着。

 ホテルは、フェレンツェ滞在中に彼が電話で予約してくれたので、駅にたくさんいるホテルの客引きの波を押しのけてホテルに向かいました。そして無事ホテルに到着。ここのホテルも感じがよく気に入りました。ローマは、ガイドブックではスリや泥棒が多いと書いてあった事もあって、到着するまでとても緊張しました。

私達は、映画『ローマの休日』で有名なスペイン広場に行きました。人がとても多く、物売りもたくさんいました。コテコテですが、オードリー・ヘップバーンがジェラートを食べたスペイン階段で記念撮影。残念ながら階段での飲食は禁止なので、オードリー・ヘップバーンのようにジェラートを食べる事はできないようです。私は、スペイン広場よりポポロ広場の方がなんとなく落ち着く場所でした。



 それから、またまた映画『ローマの休日』で有名な真実の口広場にも行き、真実の口に手を入れました。うそをつく人間がこの口に手を入れると抜けないという伝説があるので、写真を撮る時に、わざと抜けなくなって驚いたような顔をしました。映画のイメージが強く、真実の口に手を入れるのが夢でしたが、実際行ってみるとそんなにたいした事がないような気がしました。




 他にもコロッセオ(円形闘技場)やトレヴィの泉も行きました。トレヴィの泉では、またローマに訪れる事ができるようにコインを投げました。再びローマを訪れる機会は、まだ訪れていないですが、またイタリアを旅行できたらいいなぁ・・・。





« オランダ・イタリア:ピサへ行く | 結婚私の場合トップページ | オランダ・イタリア:宝物 »


レディースファッション