2006-4- 1

タイ:冒険


 夫婦で旅行は楽しいけれど、ずっと一緒にいるせいか喧嘩をする事もあります。今回は、それが早く訪れました。旅行2日目のことです。私達は、マーブンクロンショッピングセンター(MBK)にいました。ここは、巨大なショッピングセンターで私が好きな場所のひとつ。各フロアーにはお店がぎっしりでかなり広いです。こぎれいなワールドトレードセンターより落ち着きます。

 タイでも英語はもちろんタイ語が全くダメな私は、金魚のフンのように夫の後をついて行くばかり。ところが夫の何気ない一言が、日本にいる時のように私を怒らせてしまいました。そして私がとった行動は、夫について行くのをやめる事。私がいつでもついて来ていると思ったら大間違いよ!わざとはぐれるフリをして、夫を困らせてやろうと思っていました。

 それから、夫と少しずつ距離を開けていきました。しかし、それが悲劇のはじまり。人ごみがすごくて、夫を見失ってしまったのです。数分後、遠くから私を探している夫を見つけましたが、またまた人ごみに消えてしまいました。その後は、同じフロアーをぐるぐる回りましたが、見つけることができず時間ばかりが過ぎていきました。店内放送をしてもらおうと思っても、きっと片言の英語では、うまく伝えられないし、こんなに広いと放送も聞こえない・・・。自業自得とはいえ、最悪の結末に。

 いろいろ考えた末の結論は、ホテルに戻る事でした。こんなに探しても、同じところにいても会えないって事は、もう、MBKにはいないのかも・・・。ホテルに戻ればいつか夫も帰ってくるはず!

 そう思ったものの、ホテルとMBKの位置関係や距離は全くわからない状態でした。だって、金魚のフン状態で夫について行ってただけだから。カバンの中にガイドブックがあったので、ガイドブックの地図を必死に見て、スカイトレイン(BTS)の駅にホテルが近い事がわかりました。初めてBTS に1人で乗りました。そして、ホテルに到着。部屋の鍵を開けると、夫がそこにいました。

 夫は、もしかしたら、私が怒ってホテルに帰っているんじゃないかと思って、帰ったけどいないのであせっていたようです。心配をかけてごめんなさい・・・。でも、無事に帰れてよかった!今回の出来事は、まるではじめてのおつかいのような気分で、とても小さな小さな冒険でした。大変だったけど、迷子になっても地図とお金があればなんとかなるものなんですね。

 今回の事で、海外旅行で、はぐれて30分探しても会えなかったらホテルに戻るというルールが出来ました。(2003年9月)




« タイ:花より団子 | 結婚私の場合トップページ | タイ:アフタヌーンティー »


レディースファッション