2006-4- 1

タイ:アフタヌーンティー


 旅の醍醐味は、『普段できない体験をする事』だと思います。今回の旅行でも、普段しない事をいくつかしました。まず、一つ目がアフタヌーンティーです。午後にカフェなどでお茶してくつろぐ事は、普段からしているけど、ホテルで優雅(?)にというのは、今回が初めて。日本では、 普段ホテルでお茶をする事がないです。

 私達は、宿泊先のホテルで、アフタヌーンティーセットを注文しました。これが悲劇(?)のはじまりでした。まずは、紅茶とスコーンとジャム、小さなサンドイッチが出てきました。すご~い、こんなにたくさん出てくるなんて・・・。(ルンルン♪)昼食をとってから時間が経っていたので、私達は、ぺロッとたいらげました。もう、お腹いっぱい。でも、これだけでは終わらなかったのです。

 続いて、2段式のお皿が出てきました。そこには、フィンガースイーツの数々が!!手のひらにいくつものるような、小さなお菓子がたくさん。とてもかわいかったのですが、お腹いっぱいの私達にとって、このお菓子を食べるという事は、幸せというより苦痛としか言いようがありません。全部食べるのは不可能。しかも、どれもとっても甘い!全部食べると、糖分とり過ぎで病気になってしまうんじゃないかと思いました。

 せめて、デジカメで撮影して記念に残そうと、私がデジカメをとり出しました。すると、夫がみっともないのでやめろと言うのでしぶしぶ断念。夫は、それでもほとんど残さずに食べたけど、私は、半分くらい残してしまいました。(ごめんなさい。)そして、近くに座っていた外国人カップルを見て、やられた~と思いました。1人が、アフタヌーンティーセット、もう1人は、コーヒーのみ注文していました。そして、セットで出てくるスコーンやサンドイッチ、小さなお菓子を半分こして食べているのです。(賢い選択)夫に量は、どのくらいか聞いてもらえばよかった・・・。

 外国に行くと、1人分でも量が半端じゃない時があります。タイ料理は、1品の量がそんなに多くないイメージがあるので、アフタヌーンティーの品数が多いのは知ってたけど、今回も量がそんなにないだろうと思い込んでいたのです。優雅なはずの、アフタヌーンティー。苦しい、苦しいアフタヌーンティーとなりました。(2003年9月)




« タイ:冒険 | 結婚私の場合トップページ | タイ:エステ »


レディースファッション