2006-4- 9

タイ・NZ:機内食恐怖症


 タイまでのフライトは約5時間20分。飛行機の中での楽しみは機内食。ナッツと飲み物が出た後に機内食が配られました。私達は最後尾の席だったので、最後に機内食を配られました。既に肉がメインの機内食は品切れ。2人とも魚がメインの機内食になりました。

 男性の客室乗務員(たぶんタイ人)が、機内食を配る時に、「(日本語で)魚しかありません。ごめんなさい。でも、魚のほうがおいしいね」と言いました。たしかに魚は濃い味付けでしたが、客室乗務員の言うとおりおいしかったです。

 デザートのチョコレートケーキも残さず食べました。機内食ってよく怪しい(?)というか何これって思うようなケーキがデザートとしてついている事が多いのですが、今回は当たりだと思いました


 このように最初の機内食を楽しんでいた私でしたが、これから機内食地獄に陥るとは思ってもいませんでした。(汗)

  なんと今回の旅行では、往復で8回も機内食が出たからです。(ちなみに、1回の旅行で飛行機に乗った回数も機内食も今回の旅行が1番最多です。)最初は、うれしげに写真まで撮っていた私でしたが、シドニー発オークランド着の飛行機では機内食を食べませんでした。(何と寝たふりをしていました…。)あと1回忘れましたが、どこかの区間で機内食を食べなかったので、私が食べた機内食は全部で6食であとはおつまみと飲み物だけいただきました。

 おつまみは、数種類のナッツやドライフルーツとナッツの組み合わせ、それにあられもありました。おつまみは残さず食べましたが、どうも機内食は味がどれも同じに感じてしまい、だんだんと見るだけで気分が悪くなってきました。機内食1食1食の味は悪くないのですが、それが続くとしだいに嫌になってきたのでした。一時的ですが、今回の旅行で機内食恐怖症になってしまいました。(汗)機内食は……当分いらない。

― 1回目の機内食 ―



数種類のナッツが入っておいしい。

魚がメインの機内食。残さず食べました。
私が食べた機内食達(最後の1食は、デジカメの電池切れで撮影が不可)

   



話がそれてしまいましたが、飛行機はタイ(バンコク)に無事到着しました。(2004年8月)
外はこんな景色ですが・・・。少しずつ街が見えてきます。模型のように小さく見える
タイの街
無事タイ(バンコク)に到着!



« タイ・NZ:日本を出発 | 結婚私の場合トップページ | タイ・NZ:ホテルに到着 »


レディースファッション