2006-8- 1

ヤフオク(Yahoo!オークション)


ヤフオク

先週の土曜日のこと。

「映画のチケット忘れた」とNOVから電話があった。

「えっーーーー!!」と叫ぶ家にいる私。

この映画のチケットは、1,500円の映画の前売り券。
電車で出かけたし、もうすぐ上映時間だったので、
チケットを取りに帰ることができず、
結局、NOVは正規料金の1,800円で映画を観ました。

NOVの観た映画は、近くの映画館で上映していないものだし、
私が、息子を連れて観に行くわけにはいかない。
300円割引で観れるお得な前売り券なのに、1,500円損するなんて・・・。

この前も、3人で恵比寿に行った時、
NOVが、映画のチケットを1,800円の当日券を買ったのに、
私と息子を2時間以上ほっとけないと、結局観ずに帰ったこと
(チケットの返品不可)もあって、家計簿をつけている私は、ムカッ!!

私が、カリカリしていると、NOVは、「オークションに出そう」とパソコンに向かいました。
Yahoo!プレミアム会員のNOVは、この使わなかった映画のチケットを、
ヤフオク(Yahoo!オークション)に出品することにしました。

最近テレビCMでよく見かけるヤフオク
私は、未経験だけど、NOVは何度か出品したり、ヤフオク経験があります。

そっかー、そういう手があったか・・・。1,500円を泣き寝入りしなくてすみそう♪

出品の手続きをしていると、「あれ~?こんなのあったけっ?」とNOVが言いました。
過去にヤフオクに出品した時にはなかった郵送住所確認が今回ありました。

暗号発行の申込みをすると、暗号を記載した書類が自宅に送られてきます。
その書類に記載されている住所確認用の暗号を
Yahoo!オークションの「暗号の入力」ページで入力します。
正しく暗号が確認されると住所確認が完了し、出品できるようになります。
トラブル防止策の一環として行なわれるようになったようです。

出品する売り手側は、すぐに出品できないけど、
入札する買い手側としては、安心ですね~。
2004年7月1日以降の新規出品者や利用歴の短い出品者が対象なので、
毎回郵送住所確認をするわけではないようです。

土曜日の夜に暗号発行の申込みをして、
月曜日の午前中にYahoo!から暗号の書かれたハガキが届きました。
2日で届いたので、そんなに手続きに時間がかかるものではないようです。

この郵送住所確認は知らなかったので、へぇ~って感心しました。
さてさて、NOVの映画のチケット、何円で落札されるかな~?
高く落札されることを祈るばかりです。





« イライラの理由 | 結婚私の場合トップページ | 蛇イチゴ »


レディースファッション