2006-10- 2

料理上手になるために・・・。


昨日、たまたま見たTV番組ソロモン流でグッチ裕三さんが出ていました。
グッチ裕三さんは、多方面で活躍されていて、
歌だけでなく、料理番組に出演されたり料理の分野でも活躍されています。

息子をお風呂に入れないといけなかったので、ソロモン流は半分くらいしか見なかったのですが(^^;、
この番組には、料理上手になるいくつかのヒントが隠されていたような気がしました。
ソロモン流には、過去に奥薗壽子さんや山本麗子さんも出演されていましたが、
この二人の料理研究家の方達もグッチさんと共通する部分がありました。

それは、下記の4つです。

好奇心旺盛
好奇心が旺盛でないと新しい料理のアイディアは浮かばないですよね!?
料理上手な方は、常にいろんなところに
アンテナを張り巡らしているのではないかなぁと思います。

キッチンや調理器具にこだわりがある
予算の関係や賃貸だとなかなか料理研究家の方達のような
キッチンを作ることは難しいかもしれないけど、
ちょっとした工夫で自分流に使いやすいキッチンにすることは可能だと思います。
また、使い勝手の良い調理器具、愛着のある調理器具を使うと料理が楽しくなります。

「グ」ッ!!とくる可愛らしさ★グッチ裕三さんプロデュース【フライパンダ(28cm)】【グッチ裕三 うまいぞぉ】 よくカエルフライ返し

料理を食べるのが大好き
おいしいものを作れる人は、食べることも大好きなんですよね。
グッチさんは、食べ歩きが大好きみたいで、
お店に行くと、割り箸が入っていた紙に
料理の特徴とか材料に何が入っていたか細かくメモをしていました。
このメモがグッチさんの料理に生かされているんだと思いました。
以前、私も料理を再現する!という記事を書きましたが、
どんな材料でどんな調味料を使っているか、
よく観察しながら味わう
って大切だと思いました。

料理を食べてもらうのが大好き
料理が上手な人は、やっぱり自分の料理をたくさんの人に食べてもらいたいと思っています。
食べた人が笑顔で「おいしい」と言ってくれると幸せな気持ちになれます(*^_^*)
私は、夫以外の人に料理を食べてもらう機会はあまりないのですが、
毎日ご飯を作るのは、夫のおいしそうに食べる顔を見るためなのかもしれません。
食べてくれる人がいることは、料理を作る張り合いがあります。
未婚既婚関係なく、気の置けない人(気軽に話せる人)と一緒に食べるご飯は格別です。

料理を作るのは苦痛ではなく、楽しいもの。
そう感じられるようになったら、料理上手への第一歩かもしれません。

私は、毎日ご飯を作るのはめんどくさいと思うのですが、
キッチンに向かうとだんだんエンジンがかかってきて楽しい気分になります。
一品料理を作るたびに、料理という一つの作品を作ったみたいで達成感があるのです。

まだまだ未熟者の私ですが、夫の「おいしい」という一言を聞くために今日も頑張ります!!




« 毎月1日は夫婦で映画を観よう! | 結婚私の場合トップページ | 掲示板のスパム対策 »


レディースファッション