2006-11-13

赤ちゃんと二人旅【新幹線編その1】


2006年11月2日(木)

新幹線の自由席を確保し、ほっとしていると、
右斜め前では、年配の女性が車掌さんに苦情を言っていました。
車掌さんは若い男性で、年配の女性が強い口調で話すのをずっと聞いていました。

会話を聞くつもりはないけど、席が近いためどうしても耳に入ってくるので聞いていると、
どうやら年配の女性は、最寄駅のみどりの窓口で切符を買って新幹線に乗ると、
毎回車内で料金不足だと言われ、追加料金を払うようになると
怒っているようでした。

私が駅で買ったお弁当を食べ終えても、まだ年配の女性の怒りはおさまらないらしく、
ずっと車掌さんに苦情を言っていました。
車掌さんは嫌な顔をせず、丁寧に対応していたので、
しばらくすると女性は不足分の料金を払い、
車掌さんもみどりの窓口に連絡することを女性に約束していました。

毎回料金が間違っている切符を発券される
・・・何で毎回こうなるのかわからないけど、こんなことってあるんだなぁと思いました。

ちょうど息子のお昼寝の時間に新幹線に乗車したせいか、
息子は、新幹線に乗って自由席に座った途端寝てくれました。
寝てくれたのはうれしいけど、抱っこひもをはずし、
隣の席に息子を寝かそうとすると
起きそうな雰囲気になるので、抱っこひもははずせない(-_-;)
仕方がないので、抱っこひもで息子を抱っこしたまま、
席に座っていました。

先ほどの年配の女性は、
孫と思われる小さな女の子と一緒に新幹線に乗っていたのですが、
その女の子に対しても厳しく、
「このおばあさん、何だかこわいなぁ・・・」と思いました(^^;

名古屋を過ぎた辺りで、お弁当と一緒にお茶を飲んだせいか
私はトイレに行きたくなりました。移動中は我慢しようと思っていたのに・・・。

「どうしよう・・・」(--,)

抱っこひもをつけた状態でトイレなんていけるかな?

これはやってみるしかない!!人生、初挑戦だ~!!(笑)

そう思いながら、トイレに行ってみると、
洋式トイレだったせいか、思ったよりも簡単にトイレに行けました(^_^)v
しかも、息子は熟睡だったので、私がトイレに行っても起きませんでした。

「な~んだ、できるじゃん」(^ー^* )♪

私は、抱っこひもで息子を抱っこしながらトイレに行けたことが
うれしくて仕方がありませんでしたが、
残念ながらその時にこの喜びを伝える人がいなかったので、
今、ここに書いてみました。(笑)




« 赤ちゃんと二人旅【出発編】 | 結婚私の場合トップページ | 赤ちゃんと二人旅【新幹線編その2】 »


レディースファッション