2007-1-12

年賀状(1)


年賀状を書くのは苦手だけど、
もらうのはうれしいという人は多いのではないでしょうか?
私もその一人です。(苦笑)

毎年年末が近づいてくると、年賀状が心の片隅に引っかかり、
ポストに投函するまで落ち着かない。
そして、お正月を迎えると、誰から年賀状が来たか気になり、
ドキドキしながら自宅のポストを開けるのです。
(本来年賀状は元旦に書いて投函するものらしいですが、
ついつい元旦に相手に届くようにしなきゃって思っちゃいますよね。)

私の場合、年賀はがきの裏面はパソコンで作成し、
プリントアウトした後、一言メッセージを書き加えます。
そして、最後に表面の宛名を手書きします。

宛名のデータをパソコンに入力してもいいのですが、
一枚一枚確認しながらプリントアウトをするのがめんどくさくて・・・(^^;
それから、もし名前等に漢字のミスがあった場合、
本人に指摘されるまで気づかず、毎年送ってしまいそうですしね。
実際、指摘もする人も少ないと思うし・・・。
(ちなみに私も苗字で漢字の偏(へん)が間違われやすく、
パソコンで宛名を間違った漢字で送ってきてくださった方は、
翌年も間違っていることが多いです。特に指摘はしないので・・・。)

昨年(2006年)のお正月は、産休中でした。そして今年は育休中です。
しかも今は、広島から東京に引っ越してしまったので、
この二年間、私が年賀状を出したほとんどの人とはなかなか会えない状態です。

昨年の年賀状については、産院を退院して間もない頃だったので、
年賀状のことを考える余裕もなかったのですが、
前年の12月下旬に短期集中で一気に書き上げました。
無事男の子を出産したことと、出産のお祝いをくださった方にお礼を伝えたくて、
半ば徹夜で書いた気がします。

そして2007年の年賀状は、写真入りではありませんでしたが、
なるべく「今年もよろしくお願いします。」だけでなく、近況を書くようにしました。
年賀状を出す人は離れている人が多いので、
書いているうちに最後の方は書くスペースがなくなることが多かったです(^^;

自分は年賀状を書くのが苦手と思っていたけど、
こんなに書きたいことがたくさんあるなんてびっくりしました。
本当は、実際にお会いしていろんな話をしたいなぁと思いました。




« 焼き芋ブーム | 結婚私の場合トップページ | 年賀状(2) »


レディースファッション