2007-2- 9

時間の使い方を再認識


時間をうまく使うことができれば、人生が今よりももっと楽しくなる!

昨年は慣れない育児に追われ、「時間が足りない」が口癖の時間貧乏になっていた私。
でも、今年に入ってから、いつも何かに追われているような気持ちはなくなり、
少しずつですが、「毎日が充実している」と感じられるようになりました。

私の生活の一部であるブログですが、妊娠出産と育児のブログについては、
今後書いていくことがまだまとまっていないので、
今年に入って更新ができていません(近いうちに2つのブログの構成を考える予定)が、
結婚私の場合に関しては、以前よりパソコンに向かう時間が減ったのに、
更新頻度は昨年より上がってきました。

書く前に「時間がない」と書くことを躊躇(ちゅうちょ)していた私から、
「書き始めれば何とかなる」ととりあえずメモ帳に文字を打ち込むようになったからです。

時間がないのではなく、小さな行動力がないだけ

ブログの記事を完成させた時よりも、まず書き始めることが大切だということに気づいたんです(^^)

このままでは何もしないままあっという間に育休が終わってしまう…。
息子が1歳の誕生日を迎えた時、息子の成長を喜ぶと共にすごくあせった私。
そんな時、以前読んだ本のことを思い出し、久しぶりに本棚からひっぱり出して読んでみました。

その本は、中谷彰宏さんの『〈図解〉「できる人」の時間活用ノート―これは使える!』です。
当たり前のことを書いてあるのですが、改めて読み返すとはっとすることばかり。
図解で読みやすいので、すぐ読めました。
ビジネスマン向けの本かもしれませんが、現在育休中で専業主婦をしている私でも
今すぐ実践したいことがたくさん書かれていました。

締切り日より、始めた日のほうが大事 。
(悩まずまずは始めてみること。始めたら後は何とかなる。)

早起きの人は、仕事ができる。
(早く起きた方が時間を有意義に使える。)

20%のムダが、人生を面白くする。
(予定を詰め込みすぎると、おもしろいことが舞い込んできても
予定を変更できずチャンスを逃してしまう。予定を立てる時に空き時間を20%くらい残しておく。)

など書かれていて、「確かにそうだぁ~」と納得!
読み終わってから、何だか前向きな気持ちになれました(*^^*)

昨年は、「時間がなくて…」とつい息子を児童館やショッピングセンターの広場に
連れて行きたいのに、行くのをためらって実行に移せなかった私が、
今年に入ってからは、児童館に行けなかったら、買い物ついでに広場に行くなど
外で息子と遊ぶ時間も作れるようになったから不思議。要は気持ちの問題なんですよね。

今はこんな気持ちでも、また時間が足りないとあせる日が来るんだろうなぁ…。
そんな時は、またこの本を読み返してみようと思いました。

みなさんは時間をうまく使えていますか?

〈図解〉「できる人」の時間活用ノート―これは使える!
〈図解〉「できる人」の時間活用ノート―これは使える!中谷 彰宏

おすすめ平均
stars時間の足りない方へ
stars「当たり前」の再認識と新発見
stars時間の最適配分
starsなんだか・・・
stars自分に使える法則を活用すべし

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



« [収納]服の収納 | 結婚私の場合トップページ | 置物の効用 »


レディースファッション