2008-1-16

ラングドシャ


ラングドシャ


簡単だからおいしい!お菓子―シンプルがこつの、冷たいお菓子から焼き菓子までより
ラングドシャを作りました。

ラングドシャとはフランス語で『ネコの舌』という意味。
ネコの舌に似ていることからこの名前がついたようです。
口どけがよく、繊細なクッキー。卵黄を使用せず卵白のみで作るのが特徴。
小嶋ルミさんのレシピでは、バターは使わず生クリームで作ります。

写真のラングドシャは、実は失敗作です(^^;
真ん中の部分がパンケーキみたいな食感になってしまいました(-_-;)
それに卵白を泡立てすぎたみたいで、スプーンで天板に落とした時に
自然に薄く広がるはずが広がりませんでした。(涙)

オーブンの温度を変えたり、いろいろ調整しましたが、
上の写真の厚さでは、真ん中が冷めてもクッキーのようにならないので、
後半は、生地を薄くスプーンでのばして焼くことにしました。

そして、焼いた後、ひっくり返して覚ますと、パンケーキのような食感はなくなりました。
でも、薄くのばして焼いたものは、見た目が洋風薄焼きせんべい(?)みたいになりました。

本の写真のようにはならなかったのがショック(>_<)作り方はシンプルだけど、意外と難しい。
また卵白貯金が出来た時に再挑戦したいです。
いろいろ失敗してしまいましたが、またお菓子作りを再開できたのがうれしかった(*^^*)
そして、病み上がりの息子がパクパクたくさん食べてくれたのもうれしかったな♪


(1月13日作成)


簡単だからおいしい!お菓子―シンプルがこつの、冷たいお菓子から焼き菓子まで




« 仕事復帰まであと1カ月 | 結婚私の場合トップページ | スコーン »


レディースファッション