2008-5-17

初めての参観日


13日は、息子が通っている保育園の参観日でした。
「私もついに参観日に行く時が来たのかぁ~」と思うと感慨深いものがありました。
保育園の保育参観は、午前中で9時頃から参観できるとのことだったので、
いつもより遅めに息子と登園しました。

保育参観として部屋に入った時、息子は私の存在に気づいてなくて遊んでいたのですが、
部屋の中に何人もの大人がいて、その中に母親らしき人がいると思ったみたいで、
私の方をチラチラ見ていました。

園児の何人かは自分の母親のところに行きべったり。
息子は、すぐに私のところには行かずに、少しずつ私の方に近づいてきました。
しばらくしてから、「ママ、ママ」と私のところにやってきました。
でも、少しすると先生に抱っこされ、泣きながらみんなのところへ…。

それからは、「ママ、ママ」と言いながらも、みんながいるところで遊んでいました。
息子は、小さいながらも自分の領域と私(保護者)の領域を理解しているみたいで、
ママと一緒にいたいけど、自分はみんなと一緒にいなくちゃいけないと思ったようです。

9時半くらいからおやつの時間で、おやつは星型のおせんべいとたまごボーロ。
息子は軽い卵アレルギーなので、たまごボーロのかわりにおさつチップでした。
いすに座ったものの、なかなか食べようとしないので、
食べないかも…と思いましたが、みんなが食べ終わった頃に食べはじめました(^^;

おやつを食べた後は、先生にはらぺこあおむしの絵本を読んでもらったり、手遊びをしていました。
それから、音楽に合わせてみんなでダンス!!
家では大好きなはらぺこあおむしの絵本を読んでもらっても、
ぼーっとしていた息子でしたが、ダンスは大好きみたいで、
ダンスはほとんどしてなかったけど、笑顔で声を出しながら走り回っていました(*^^*)
保護者も参加できるものもあって、『いっぽんばし』や『ラララぞうきん』などの手遊びをしました。
いっぽんばしもラララぞうきんも息子は大はしゃぎでした。

それから、保護者で集まってクラス役員を決めた後、保護者会総会に出席。
クラス役員になったらどうしよう…とドキドキしていましたが、
快く引き受けてくださった方がいたので、ほっ。

保護者会総会が終わると、最後は給食参観。
食物アレルギーがあり、さらに偏食がひどいので、
主食(この日はうどん)以外のものは手をつけなかったけど、
フォークと手づかみで一生懸命食べていることを見ることができました。

残念ながら、朝の天気が悪かったので、園庭での様子は見ることはできませんでしたが、
保育園で楽しくのびのびと過ごしている息子の姿を見ることができたのでよかったです。
これも保育園の先生が温かく見守ってくれているおかげだと思いました。

親の勝手な都合で行かせている保育園だけど、今では息子の大好きな場所になっているようです。
保育参観で、私も息子もたくさんの人達に支えられていることを改めて実感しました。
(みなさん、いつもありがとう~!!)




« 母の日の贈り物 | 結婚私の場合トップページ | パンデビュー »


レディースファッション