2008-8-13

家計簿をつけるのをやめた


昔から家計簿の必要性をブログ等で訴えていた私ですが、
出産を機に、実は家計簿をつけるのをやめました。

きっかけは、育休中に広島から東京に行くことになり、
東京在住中は、わが家はほぼ毎月赤字財政だったため、
家計簿をつける気になれなかったのです。
(現在は、広島在住で黒字財政です(^^) )

また、もともと家計簿は惰性でつけていたのですが、
単に記録としてつけているだけで、過去のことを記録しているだけだったんです。
(日記ならそれでいいですけどね。)
家計簿をつけるからには、未来に結びつかなければ、
家計簿をつける時間が無駄だと考えやめました。

長期に家計簿をつけていると、だんだんと家計簿をつけなくても、
経験でお金の流れがわかるようになります。

わが家の場合、公共料金などはすべて銀行口座からの引き落としだったので、
通帳の管理さえしていれば、わざわざ家計簿をつけなくても
通帳を見るだけで、お金の流れは全てわかりました。
通帳を家計簿代わりにすれば、家計簿は必要なかったのです。

また、公共料金以外に個別にATMなどで引き出した時には、
通帳に鉛筆で「食費」など何の目的で下ろしたのかわかるようにしています。
私の場合、公共料金専用、クレジットカード決済専用、貯蓄専用と
銀行をそれぞれ使い分けています。

この3つの銀行は、セブンイレブンのATMやゆうちょ銀行のATMで手数料がかからないなど、
メリットの多いネット銀行を中心に選んでいるので、
時間外手数料などの手数料を払うことはありません。

家計簿はどんなにシンプルなものでも、つけるのにそれなりに時間がかかります。
家計簿をつけると、お金の流れがわかるしメリットは大きいですが、
ある程度つけてみたら、あとは家計簿をつけなくてもやりくりはできます。
家計簿はつけてなくても、通帳を家計簿代わりにすれば大丈夫です!




« 家庭と会社は同じ!? | 結婚私の場合トップページ | ロミアス »


レディースファッション