2008-11- 9

言葉の力(2)


言葉の力(1)の続きです。)

金曜日、上司と先輩と私の三人なった時に、子育ての話題になり、
上司のお子さんの話を初めていろいろ聞いたのですが、
どういう流れでそうなったかはわかりませんが、
いつの間にか私の悩み相談室になっていました。(苦笑)

朝のことがあったので、NOVのことを愚痴ってしまいましたが、
上司や先輩の話を聞いていくうちに、私は泣き出してしまいました。

上司や先輩の言葉が身にしみたからというのもありますが、
自分の愚かさが恥ずかしいと言う思いもありました。
そして、自分が幸せであることを改めて気づかされました。

望んだ人と結婚できたし、かわいい子どもにも恵まれた。
それなのに、気がつけばそれが当たり前になり、
幸せは気持ちしだいの記事に書いた時の気持ちをすっかり忘れていたのです。
自分の都合の悪いことは、自分は悪くないって
全部NOVに責任転嫁していたのです。最低ですね。

夫婦間のコミュニケーションをちゃんと取らなきゃ。
自分の気持ちを伝えなきゃと思いました。
今回上司の話を聞いて、それぞれいろんな人生があるんだ。
そして、みんな何かを抱えて生きているんだと改めて思いました。

NOVの今の仕事は、期間限定でするということで認めていた私。
はっきりといつとは決めてないのかもしれないけど、
少なくとも一年経ったら転職してほしい。
来年の春で丸一年。
そろそろ今後のことを考えてほしいと思っています。

そして、自分の専門を生かした仕事についてほしい。
職種にこだわりはないからとにかく専門を生かした仕事をしてほしい。
今の仕事がNOVの居場所だと私は思ってないから。
自分の道をしっかり歩いてほしい。そう願っています。

NOVが大学生の時に入籍し、今までずっと自分が経済的にも
精神的にもしっかりしなきゃと思ってきた。
経済的なことを言えば、今の状態がキープできていれば問題ない。
だけど、今のままだと私自身が精神的にもたないよ…。

これが今の私の正直な気持ちです。

自分自身のことでも泣いたけど、上司のお子さんの話を聞いてさらに泣いてしまった私。
親の思いが伝わってきて涙が止まりませんでした。
多分家族のことで悩んでなければ、涙することなく、上司の話を聞けただろう。

いい話だったなと思って、そのうち忘れたかもしれない。
だけど、その時の私は上司や先輩の言葉が身にしみ、
自分の考えを改めるきっかけをもらいました。

上司と先輩に感謝です。私はまだまだ未熟だと痛感しました。
そして、自分がこの温かい職場で働いていることにも感謝しました。
ありがとうございました。

それにしても、すごいいいタイミングで職場で話ができてよかった。
これがなかったら、私はこの週末最悪だっただろうな。
今週末もNOVが仕事だし(^^;

人生を振り返った時、あの時の言葉があったから、あの時こうしたから
今があるんだと思うことってあると思うけど、この日がそれじゃないかなと思った。
私は上司と先輩と話したこの日を忘れないだろう…。




« 言葉の力(1) | 結婚私の場合トップページ | 小山ぷりん »



レディースファッション