2008-11-22

イチゴケーキください。


あいうえおは言えないけど、アルファベットや数字を言うのが大好きな息子。
いつも自転車に乗った時にアルファベットを順番に言います。
街でアルファベットを見つけると「ピー」とか言います。(ピーは駐車場のPです)

もうすぐ3歳の子がどのくらいアルファベットや数字が言えるのかはわかりませんが、
子供の学習能力ってすごいなぁと感心させられています。
覚えようと思って覚えるんじゃなくて、自然に覚えるんですよね。

アルファベットの他に自転車に乗った時にいつも言うお決まりのセリフがあります。
それは、「いらっしゃいませ!」

どうもお店屋さんごっこを保育園でしてるのかな?

この「いらっしゃいませ!」には続きがあって、いらっしゃいませより小さい声で、
「イチゴケーキください」って言うんです。

イチゴケーキの部分はイチゴだけだったり、
なぜかキャベツになったりしますが、基本はイチゴケーキ。

おいおい、お店の人がイチゴケーキくださいって言ってはダメじゃないの(^^;
これでは一人芝居になってしまいます。

そこで、私がお客さんになってあげようと、
最近、息子が「いらっしゃいませ!」と言ったら、息子が「イチゴケーキ…」と言う前に
「イチゴケーキください」と言ってみました。

すると、息子は何て言ったと思います?

息子に大きな声で「ダメ!」と言われてしまいました(T_T)
「キャベツ」って言っても、「ダメ!」と断られました。

どうやら売る気ゼロのお店屋さんみたいです。
商品を売らないなんて、お店がつぶれちゃうよと思いながら、
息子の一人芝居を聞いている毎日です。

時々、「イチゴケーキください」と言った後、
「むしゃ、むしゃ」なんて言いながら食べるマネをしてます。
息子のお店屋さんは、商品を売らずに自分で食べているみたいです(^^;

早く一緒にお店屋さんごっこできる日がくるといいな。
普通に会話できる日はまだまだ先かな?

こんな息子ですが、朝保育園に到着すると、
真っ先にレゴのブロックでイチゴケーキを作ってくれます(*^▽^*)
長方形のブロック2個を重ね、
上に正方形のブロックを乗せイチゴに見立てて作ってくれます。
それをいつも「むしゃ、むしゃ」と言いながら食べる仕草をしています。

こんなに毎日のように「イチゴケーキ」と言われるので、
今年の12月の誕生日も昨年に引き続き、
イチゴのバースデーケーキを作らなきゃと思っています。





« 3連休の過ごし方 | 結婚私の場合トップページ | 子は鎹(かすがい) »


レディースファッション