2009-1- 8

ハッピーターン


ハッピーターン

昨日は、ドラッグストアに行きました。
息子は、店内に入るとターっと走って姿を消してしまう。
お菓子売り場に直行なのだ(-_-;)

「今日は何をほしがるのか?」と思ったら、いつもは手にしないお菓子の袋を持っていました。

それは、亀田製菓のハッピーターン

子どもの頃はよく食べたお菓子だけど、
今はほとんど買わないので、保育園のおやつにで出るのかしら?
戦利品をゲットしないと気がすまないので、甘い親だと思いながらも買って帰りました。
値段を見ないで買ったのですが、120g入りは思ったより高く198円でした。
(150円以内だと思っていた。意外と高いのね(^^;)

久しぶりにハッピーターンを食べましたが、食べだしたらやめられません(^^;
1枚食べるつもりが気づいたら、包み紙が山盛りになるくらい食べていました(^^;

Wikipediaによると、

ハッピーターンの粉はくせになりやすいことから、一部マニアからは「合法麻薬」「魔法の粉」などと呼ばれている(もちろん健康に問題のある成分は含まれていない)。

合法麻薬、魔法の粉って言われるのはわかる気がする。
これはヤバイです。

あと、同じくWikipedia亀田製菓のHPを確認すると、
ハッピーターンの名前は、

『ハッピー』『ターン』」の名前は文字通り「幸福」がお客さまに「戻ってくる」よう願いを込めて名付けられた。

みたいです。今までハッピーターンの名前について深く考えたことなかったけど、
そういえばそうだなぁ・・・。ハッピーとターンでハッピーターンなんですね!
すごくいい名前だなぁと思いました。

1977年発売とのことなので、私より1歳年下のハッピーターン。
30年以上愛されているお菓子なのです。
そう考えると、すごいお菓子だ!

ハッピーターン、食べ過ぎるのがこわいけど、きっとまた近いうちに買うと思います。





« 将来のお嫁さん? | 結婚私の場合トップページ | 水の天使 »


レディースファッション