2009-1-23

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス


忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイスを読みました。

子育てハッピーアドバイスは、シリーズ化されていますが、
私はまだこのシリーズの本は一度も読んだことがなく、
忙しいパパのための子育てハッピーアドバイスが初めてです。

出産直後は、シアーズ博士夫妻のベビーブックなどの育児本を読みあさっていましたが、
結局は自分達のやり方で子育てをやるのが一番と思うようになったため、
それ以来、育児本は全く読まなくなりました。

子育てハッピーアドバイスがロングセラーなのは知っていましたが、
「自分は自分」という思いが強く、今までこのシリーズを手に取ることはありませんでした。
しかし、つい最近、マイミクの雪真さんが奨めてくださり、
だんだんと読んでみようという気持ちに変わっていきました。
それに、なぜ、たくさんの人達に読まれているのか興味もあったし♪(^^)

今回、たまたま、忙しいパパのための子育てハッピーアドバイスを図書館で見つけ、
子育てハッピーアドバイスシリーズの本を読む機会に恵まれました。
この本は内容がとってもよく、そして何よりイラストや漫画がメインなのでとても読みやすかったです♪
初めてこのシリーズの本を読みましたが、読み終わった後、
このシリーズの別の本も読んでみたくなりました(^^)

「忙しいパパのための・・・」というタイトルですが、ママの私が読んでも共感できる内容でした。
お父さんにもできる育児の紹介だけでなく、妻との関わり(妻の話を聞くなど)について
重点をおいて書かれていました。最後の「お父さん、生きていてほしい!」のところは、
胸が苦しくなってしまい涙が止まりませんでした。

子育ては、しんどいことも多いけど、やっぱり楽しい。
いろんな家庭環境がありますが、父親がいる場合は、
父親も積極的に育児に参加した方が楽しいし、夫婦の絆、家族の絆が深くなる。

この本を夫婦で読んだのですが、育児の話をよくするようになったし、
NOVも育児だけでなく家事も以前より積極的にしてくれるようになりました。(感謝!)
息子が赤ちゃんの頃は、育児の話をよくしていたけど、
大きくなるにつれ、夫婦でそういう話をすることは減っていました。
この本がきっかけとなり、また夫婦で育児について話すようになって良かったです♪

そして、このシリーズの第一弾である子育てハッピーアドバイス
今週、図書館で借りて読みました。こちらもとてもジーンときてやさしい気持ちになれました。
息子には、子どもが自己肯定感を持てるように愛情を注いでいきたいし、
自分自身も自己肯定感を持ち続けたいと改めて思いました。
境界線の話と育児に専念するか、仕事をするかは自分の気持ちで選べばいいというお話が
私の心をほっとさせてくれました。こちらもお奨めです(^^)

子育てハッピーアドバイス

子育てハッピーアドバイス




« A.R.Iのクッキーの提案 | 結婚私の場合トップページ | グミ・チョコレート・パイン »


レディースファッション