2009-1-24

読書の仕方【読書ノートを作ろう!】(2)


読書の仕方【読書ノートを作ろう!】(1)の続きです。

ノートは、普通のキャンパスノート1ページの真ん中に線を引き、
左半分を書いてから、右半分に書くようにして使っています。
本当はジャンル分けしたり、ノートに書き出したものをパソコンに打ち込んだ方がいいのですが、
そうすると時間が足りなくなるので、私は全て1冊のノートにまとめています。

ジャンル分けするなら、ルーズリーフが使いやすいかもしれないですね。
私は家で育児日記として使う予定で結局使わなかったキャンパスノートがあったので、
それを使っています(^^;

ノートには、自分が大事だと思ったところだけ書いているので、このノートは私にとって財産。
いろんな本のエッセンスが詰まっている大事なノートなのです。
このノートを時々読み返すことで、同じ本をまた読まなくてもすむので、
随分読書にかける時間が短縮されました。

人の記憶は、時間が経つと共に曖昧になっていき、
いい本や映画に触れることができても内容を忘れてしまいます。
こうして本を読む時にメモを取ることで、
その情報をいつでも取り出すことができます。
忘れたら、もう一度本を読まなくてもまたノートを見ればいいのです。

レバレッジ・リーディングでは、本に直接線を引き、
それを後で書き出すという方法をとっていますが、
私の場合、図書館で借りているので、本に直接線を引くことができません。

なので、読書とメモを取ることを同時進行でしていますが、
本を購入し、古本屋さんに売るつもりがなければ、直接本に線を引いたり、
感じたことをメモする方法もあります。

本を読むだけで終わらせるのはもったいない!
本を読む時は、目的意識を持ち、大事だと思ったことはメモしてみる。
そしてそれを時々読み返してみる。
そうしていくうちに、本を自分の中に吸収することができます。

最初はめんどくさいかもしれないけど、読書する時メモを取る方法はお薦めです♪




« 読書の仕方【読書ノートを作ろう!】(1) | 結婚私の場合トップページ | フィナンシェ »


レディースファッション