2009-2-12

幸福な食卓


幸福な食卓 プレミアム・エディション [DVD]

映画『 幸福な食卓』をDVDで観ました。原作は、瀬尾まいこの同名小説。
この映画の予告は、昔映画館や邦画のDVDを借りた時に観たことがあり、
密かに気になっていた作品。
予告でお父さんがお父さんをやめる宣言をしたのが印象に残っていました。

お母さんが家を出て、お父さんがお父さんをやめ、秀才の兄が大学をやめ農業をはじめる。
そんな家族を持つ中3の中原佐和子は、転校生の大浦勉学に少しずつ惹かれていく。
家庭崩壊とも思える状態だけど、お母さん以外は、同じ屋根の下で淡々と暮らしている。

中原家はみんな頭がよくて、性格もいい。どうしてこんな家族が?って思うけど、
みんなどこかで無理をしていて、それがこういう形であらわれてきたのかな?
家族って難しいですね…。

佐和子役の北乃きいさんの演技が透明感があり、すごく好感が持てました。
素直に「かわいいなぁ」と思いました。
個人的には石田ゆり子さんが好きですが、今回お母さん役だったので驚きました(^^;
脇を固めている俳優陣の演技全てが良くて、
小林武史の音楽やMr.Childrenの「くるみ」もマッチして、全てが見事に融合した作品。

ストーリーも切なくて苦しい部分もあるけど、観ていると心が温かくなる。
とにかく観てよかったと思いました。
映画では、小林ヨシコや大浦勉学のある台詞が心に響きました。
幸せって身近なところにたくさん転がっているものなんだと改めて思いました。

それにしても小林ヨシコってスゴイです。
シュークリームって作るの結構手間がかかるんですよね~(^^;
でも、映画を観ていると、時間と気持ちに余裕がある時に
シュークリームを作ってみたくなりました。今度作ってみようかな?

やっぱり中学生や高校生くらいの恋愛っていいですね。
あんなまっすぐで純粋に人を好きになれるって素晴らしいことだなぁと思いました。




« 祝日でよかった。 | 結婚私の場合トップページ | バレンタインの下準備完了! »


レディースファッション