2009-5-18

3歳児健診


3歳児健診でもらった冊子

今日は、午後から3歳児健診に行きました。小児科診察、身体計測、歯科診察、歯科相談、
個別相談のほかにふれあい遊びと盛りだくさんの内容でした。
あと一つ尿検査があったのですが、残念ながら尿は採取できず。
歯科診察では、把握している前歯の虫歯を指摘されましたが、それ以外は問題なしでした。

保育園の送迎で、息子と同じ年齢の子を見ていますが、
3歳になるとずいぶんお兄ちゃん、お姉ちゃんになっているなぁと
健診に来ている子を見ながら改めて思いました。

個別相談では、色と大きさの簡単なテストをしました。
くまの置物の色と大きさを当てるもので、
「一番大きいのは何色のくまかな~?」などいくつか質問されました。
ちゃんと答えられるか心配でしたが、全問正解。

色以外にも大きい、小さいなど大きさについていつの間にか理解していたんだな。
この前、保育園の参観日で息子の成長に驚いたばかりでしたが、
今回も息子の成長を見ることができてうれしかったです。
同時に保育園に預けるようになってから、私は意外と息子の事を見ていないのかも…と反省。

そして、今回、一番反省したことは、身体計測でのこと。
先に身体計測をしていたグループを見ると、みんな布パンツをはいていました。
実は、息子は、まだオムツが完全にとれておらず、オムツで行きました。
(息子は、布パンツもはきますが、トイレに誘わないと自分から行きません。)

身長、体重は保育園でも計測しているので、身体計測の時、
「保育園で計測しているので、身体計測をしなくてもいいですか?」
と言おうかと思っていました。オムツ姿を見られるのが恥ずかしかったからです。

しかし、私のグループでは、オムツの子が2人いることを発見。
そのオムツの子のママさんはどちらも全然恥ずかしい様子はなく、堂々としていました。
そして、布パンツの子のママさん達も何か思ったかもしれないけど、普通にしていました。
それを見て、私は自分がなさけなくなりました。

本当は、息子がオムツだということが恥ずかしいんじゃなくて、
恥ずかしいと思ったことが恥ずかしいと思いました。
そして、息子に申し訳ない気持ちになりました。恥ずかしいと思って、ごめんね…。

同じ3歳でも個人差があるし、それぞれ個性がある。
3歳までにオムツがとれるのは理想だけど、絶対とれないといけないわけではない。
息子には、まだ早いと思ったから、トイトレは昨年の夏には全くしないで、
この春保育園の先生の協力のもと本格的に始めました。

トイトレはゆっくり気長にしていけばいいと思いながら、
少数派になっていくことに対して恐怖心が芽生えていた私。
でも、今回健診で、他のママさん達を見て、全然恥ずかしいことではないんだ、
このままでいいんだと言う忘れかけていた気持ちを取り戻しました。

健診に行くには、仕事を休まないといけないし、正直めんどくさいと思っていましたが、
子育てに対してポジティブになれたので、健診に行って良かったです!
これからは、あせらず、もっとゆったりと子育てをしていこうと思いました。




« ホームベーカリーを買います! | 結婚私の場合トップページ | ホームベーカリーでレーズン食パン »


レディースファッション