2009-5-28

さりげない優しさ


昨日は、NOVが息子を迎えに保育園に行ってくれました。
保育園と私の職場は徒歩5分もかからない。ほんと目と鼻の先。
この恵まれた環境にいつも感謝しています。

NOVが息子を迎えに行く時は、自転車で私の職場へやってきて、
私の自転車と自分の自転車をチェンジします。
仕事が終わり、自転車置き場に行くと、NOVの自転車が置いてありました。
そして自転車のハンドルには、ビニール傘がかけてありました。

私が帰る時は、曇り空でいつ雨が降ってもおかしくないくらい曇っていました。
雨が降った時に少しでもぬれないようにとビニール傘を持ってきてくれたNOV。
NOVのさりげない優しさにじーんとなり、心が温かくなりました。

そして、今日は、息子の優しさにも触れました。
私が椅子に足の指をぶつけて、「痛~い」と苦しんでいると、
「大丈夫?」と近づいてきてくれて、足を「よしよし」と言いながらさすってくれました。

二人の優しさに触れ、家族っていいなぁって思いました。
私は、優しくしてもらってばかりで果たして、二人に優しくしているだろうか?
いつもイライラしてプリプリ怒っていないだろうか?

優しさは、家族や周りを明るくする。幸せにする。
そういう優しい空気は伝染する。もちろん逆の場合も。
わが家のこの優しい空気は保っていきたい。
そして、こういう小さな幸せを一つ一つ大切にしていきたいなぁと思いました。

二人ともありがとう。





« 夢をかなえるゾウ | 結婚私の場合トップページ | お客様ご相談センターに電話する »


レディースファッション