2009-6- 2

お客様ご相談センターに電話する


先月購入したホームベーカリー、Panasonic SD-BM152
ホームベーカリーを手にしてから、簡単においしい焼きたてパンが食べられるようになりました。
(幸せ♪(´▽`)まさに文明の利器!!)

ブログにはアップしていませんが、最近では、手づくりパン応援サイト「ベイキングデイズ」
HPに載っているきなことキャラメルチョコチップを作りました。
(前から密かに気になっていたレシピで、お菓子材料の店「クオカ」で粉を購入する時に
初めてキャラメルチョコチップを注文して作ってみました。
きなことキャラメルチョコチップの相性が絶妙!!このレシピハマりそうです ̄m ̄ )

すっかりホームベーカリーの虜になった私ですが、一つだけ気になることが・・・。
それはレーズン・ナッツ容器のことです。
ホームベーカリー本体の上ふたやふたを閉める時に、かなり静かに閉めないと
レーズン・ナッツ容器の下の板が開いてしまうのです(>_<)

ふたを閉める振動で開いてしまうので、具を入れるパンを作る時はすごく神経を使います。
そーっとふたを閉めないと、レーズン・ナッツ容器の下の板が開き、具が下に落ちてしまいます。
最初から具が落ちてしまうとレーズン・ナッツ容器に具をセットする意味がない(^^;

レーズン・ナッツ容器が振動で開きやすいのは、何度か使っているうちに気づきました。
初めて作ったラムレーズン食パンのラムレーズンが粉々になったのは、
ふたを閉める時にレーズン・ナッツ容器が開いたのかもしれない。

みんな、こんなに慎重にホームベーカリーのふたを閉めているんだろうか?

初めてホームベーカリーを買った私は、ふと疑問に思いました。
静かにふたを閉めるのは、神経を使います。私にとっては、ちょっとしたストレス。
みんなこういうストレスを抱えながら、パンを作っているのかな?

疑問に思った私は、取扱説明書に書いてあるお客様ご相談センターに電話をかけてみました。
オペレーターの方に事情を話すと、何らかの不良があるとのことで、
新しいレーズン・ナッツ容器と交換していただけることになりました!

そして、今日、今まで使っていたレーズン・ナッツ容器を返品し、
新しいレーズン・ナッツ容器を受け取りました。
新しいレーズン・ナッツ容器は、普通にふたを閉めても下の板が開きませんでした。
これが当たり前の状態なのかもしれないけど、感激!!

これからは、ふたをしめることに労力を使うことなく、ストレスなしのパン作りができそうです!
今回のことで、気になったことは、そのままにしないようにしなきゃと思いました。




« さりげない優しさ | 結婚私の場合トップページ | うれしかった言葉 »


レディースファッション