2009-6- 5

うれしかった言葉


3歳児健診でも書きましたが、息子は、今トイレトレーニングの真っ最中。
朝は、オムツで行かせていますが、保育園でオムツを交換する時に布パンツになります。

お昼寝前にトイレでおしっこが出ると、布パンツでお昼寝するようで、
夕方迎えに行くと、布パンツを履いていることが増えてきました。
布パンツを履いている時は、保育園のトイレに行ってから帰るようにしています。

保育園のトイレに連れていくと、わりとすぐおしっこが出るので、
息子がお漏らしをする前に保育園に行かねば・・・と
仕事が終わると急いで迎えに行っています。

しかし、昨日は迎えに行くのが少し遅くなってしまい、
迎えに行った時にちょうどお漏らししてしまいました。
担任の先生が不在で、別のクラスの先生が床の掃除をしてくださって、
申し訳ない気持ちになりました。

たまたま今朝、昨日床を掃除してくださった先生が受付をされていたので、
お詫びとお礼を言うと、
「気にしないでくださいね。子どもはいっぱい失敗してから上手になっていくんですから
と言ってくださり、思わずうるっときてしまいました。
その時、先生の優しさが伝わってきたからです。

息子はさくら2組で、その先生はさくら1組の担任をされています。
さくら1組の先生とお話することはないのですが、
口調が強い感じなので、こわいイメージを持っていました。

息子のさくら2組は持ち上がりなので、担任の先生が持ち上がりで良かった~と思っていました。
(1組の先生、こわいとか思っていてごめんなさい<(_ _)> )
今回のことで、さくら1組の先生ともっとお話してみたくなりました。

みんなたくさん失敗して、成長していく。

私だってそうだ。今までの仕事での失敗が私を成長させてくれたり、
大事なことを気づかせてくれたりした。

失敗=悪いことではない。失敗から学ぶことができれば。
息子もいつか自分からトイレに行く日がくるだろう。

失敗は成功のもと
久しぶりにこの言葉を思い出しました。





« お客様ご相談センターに電話する | 結婚私の場合トップページ | 鏡の法則 »


レディースファッション