2009-9-20

重力ピエロ


重力ピエロ

夫NOVが以前映画を観たことがあり、前から気になっていた伊坂幸太郎著『重力ピエロ』。
かなりハマってしまい、本当ならこの連休中にゆっくり読むはずが、
連休前に読み終えてしまいました。

重いテーマではありながらも、なぜか明るく、家族の愛、兄弟愛など愛が感じられる作品でした。
お父さん、カッコよすぎです。そんな、お父さんの魅力に気づいたお母さんもすごい。

会話にガンジーなど有名な人物の言葉や、有名な小説などの引用が多く使われていますが、
小説の中では不思議なことに違和感なく読めました。
でも、現実にこういう会話をしている人っていないし、いたらこわいかも…(^^;
特に春は、変わっていて現実の世界にいたらついていけないなぁ。
とっても、魅力的なんだけど。

伊坂幸太郎さんの作品を読むのは初めてですが、言葉や発想のセンスに驚かされました。
素敵だなぁと思う表現が多かったし、ドキッとさせられた言葉もありました。
カッコいいです。伊坂さんのファンになってしまいそう。
これは、別の作品も読んでみなくちゃと思いました。
もちろん、映画化されているので、DVDも観なくては…。





« 博士の愛した数式 | 結婚私の場合トップページ | 美容院でカット »


レディースファッション