2009-11- 9

マニュアルでないサービス


ちょっと前のことですが、バスに乗った時のこと。
降りる前に降車ボタンを息子に押してもらおうと思っていたら、
息子より先に年配の女性が押しました。

降車ボタンを押せなかった息子が、「あぁ~、残念」
と言いました。残念とは言ったものの、
降車ボタンを押せなかったことは気にしていない様子でした。

こういうことってよくあることなのですが、この日は、
いつもと違う出来事が!
たまたま息子の一言を聞いていたバスの運転手さんが、
「押させてあげよう」と降車ボタンのランプを消してくれ、
息子に降車ボタンを押させてくれたのです。
降車ボタンを押せた息子は満面の笑みでとてもうれしそうでした。

バスの運転手さんには、降りる時にお礼を言いました。
こういうマニュアルでないサービスってうれしいですね。
バスに乗ってとてもハッピーな気分になりました(^▽^)




« デジタル一眼カメラ【オリンパス・ペンE-P1】 | 結婚私の場合トップページ | おとなの進路教室。 »


レディースファッション