2011-12- 8

インテリアのこと


 家具や家電にもやはり寿命があるし、いつかは買いかえなければいけない日がやってきます。引越しをして住む家が変わったら、その家に合ったものが必要になってくる場合もあります。だから、私は、それまではあるものを使えばいいと思っています。

  いっぺんに買い揃えるのは、それなりにお金と労力が必要。それよりは、買いかえの時期が来たら、じっくり時間をかけて選ぶ方が楽しいし、少しずつ買いかえれば、お金の負担も違うと思います。どちらかが1人暮らしをしている場合、まず、あるものを使うことを考えてみてはいかがでしょうか?

上の文章は、昔書いた引越し 引越し準備1 モノという記事の一部を抜粋しています。

昨年の11月に今のマンションに引っ越してから一年が経ちました。
引っ越し時はカーテンとエアコンと洗濯機、照明を新しく購入し、
必要な家具等は引っ越し後、ゆっくり選んでいきました。
(洗濯機は設置場所が小さく持っていた洗濯機が入らなかったため。)

おしゃれな雑貨屋さんや家具屋さんに行くのは楽しかったし、
じっくり時間をかけて選んだ家具や雑貨はまだつき合いが浅いものの、
愛着のあるものばかり。
そんな愛着のあるものが部屋に増えていくのはうれしかったです。
いろんなお店で購入しましたが、部屋に統一感を持たせるように色選びは慎重にしました。

引っ越す前は、妊娠していたし、フルタイムで働いていたので、
インテリア関係の本を読む時間がなかった(興味もなかった)のですが、
今はその時に比べると時間的余裕があるので、今更ながら図書館で借りて読んでいます。

インテリア関係の本を読み漁っていくうちに気づいたことは、
好きなものばかりに囲まれた生活って、持ち家じゃないとできないと思っていたけど、
それは関係ないということ。

自分や家族が住む家だもん。好きにしていいのです。
(賃貸の場合は、原状回復できる範囲までですが…。)
もっと早く気づけばよかった(^_^;

いつかこうしたいなぁと思っているだけじゃなくて、イメージをしっかり持ち、
それに少しずつでも近づく部屋づくりをしていきたいです。
それから、流行に惑わされないようにしたいです。
流行と自分や家族の好きはイコールではないので、
流行のインテリアではなく、自分や家族の好き(価値観)を基準にそれを形にしていきたいです。
心地よく暮らすためには自分や家族の好きって一番大切なことだと思います。

雑誌や本を見ると、素敵な部屋ばかりですが、
このテイストは好きとか素敵だけどこういうのは私の趣味とは違うなとか、
全てが住みたいと思える部屋ではないことに気づきます。
今更ながらたくさんのインテリア本を見ているのは、
自分の価値観をもっとはっきりさせたいから。
好きっていう気持ちを大切に部屋づくりをしていきたいです。

長々とすいません。
これからわが家のインテリアのことを記事にしようと思っているので、
インテリアのことについて熱く(?)語ってみました。

プロではないので、素敵なインテリアばかりではありませんが、
誰かの部屋づくりに少しでもお役に立てればと思っています。
自分の趣味じゃないわという人は、インテリア関係の記事はスルーしてください(^_^;)





« 離乳食仕様 | 結婚私の場合トップページ | ネットつながらず…。 »


レディースファッション