2012-1-19

BE-GO(ビーゴ)レッツトーク


P1004116.JPG

息子のことですが、昨年の12月下旬からBE-GO(ビーゴ)レッツトークを受講することにしました。
ベネッセの小学生向け英語学習プログラムです。
息子は現在6歳で、年齢的にはBE-GO(ビーゴ)グローバルなのですが、
レッツトーク、ファーストフレンズ、グローバルの資料を比較検討した結果、
レッツトークのお試しを軽々とやっていたので、レッツトークを受講させることにしました。

お試しでは問題なかったけど、9歳から12歳向けなので使いこなせるのか
実際届くまで不安でしたが、楽しんでやっている様子を見ると心配なさそうです。
初回だけ3巻まとめてくるようにしたのですが、
12月中ににGO1 ~GO3を全てクリアしてしまいました。

P1004284.JPG

最近ビーゴ検定が届き、ビーゴ検定4級にも挑戦。
1問発音問題で認識してもらえなかったのですが、
無事合格することができました。

息子は、現在3歳から週1回のペースで幼児向けの英会話教室に通っています。
今年の4月から小学生になるので、今後どうするのか考えていた時に、
ビーゴグローバルの資料が自宅に届きました。

私はやらせる気がなかったのですが、NOVがビーゴをさせようと言い出したため、
ビーゴの受講を決めました。
ビーゴをはじめたので、英会話教室は3月でやめることにしました。

英会話教室での基礎があるからというのもありますが、
ビーゴをはじめてから英語が自然に出てくるようになりました。
よく物を見て、それを英語で言うようになりました。
それは英会話教室だけでは今までなかったことなので驚いています。

ビーゴは、基本的にゲームなので、時間を決めてさせるようにしています。
またGO4(4巻)が届いていないので、
現在届いている1巻から3巻とビーゴ検定を繰り返しやっています。

ビーゴは勝手にやるものの、ポケビとかワーク類はやりません(^_^;)
まぁ、ポケビやワークは無理にやらなくてもいいかぁと思い強制していません。
今は、CD-ROM中心にビーゴを続けてみようと思っています。

ビーゴの保護者向けの良い点を述べると、

・英会話教室より費用が安い。
・保護者向けの資料やワーク類が薄っぺらく、保護者に負担がないように作られている。
・やれと言わなくても自主的にするので楽。
(際限なくやるので、時間管理だけは必要)
・英会話教室のように送迎がない。

など。

今後、飽きてきたりしてやめる場合もあるかもしれませんが、
今のところ順調に続けています。




« レゴの収納(レゴの整理) | 結婚私の場合トップページ | 入学式の服装 »


レディースファッション