2013-3-13

気になっていたこと


早いもので、息子が小学校に入学してからもうすぐ一年になります。
入学当初は慣れないことばかりで、
親の私が落ち着かない日々を過ごしていました。

今も毎朝慌ただしい日々を過ごしているものの、
息子も私も約一年経ったので、生活パターンは確立。
自分でいろんなことができるようになったので、私自身楽になりました。

息子が二年生に進級するにあたって気になることがありましたが、
それも最近クリアすることができました。

まず、今まで登校時に、女の子(当初は女の子二人)と登校させていましたが、
先週から一人で登校させることにしました。

一緒に行く女の子も途中から一人一緒に行けなくなったので、
女の子一人と二人で登校させることにしていましたが、
その女の子が集合した途端、
「先に行っていいよ」
と言ったり、全然一緒に行ってくれないみたいなので、
それだったら集合して行く意味がないと思っていました。

先週、交通安全のための見守り当番だったので、
外で旗を持って立っていたら、息子を置いて走っている女の子を目撃。
息子が慌てて追いかけているのに、それを無視して走っていたので、
その子を引きとめて話を聞くと、
息子には「先に行く」と言っているとのこと。
私との話が終わるとさっさと走って行ってしまいました。

二人ともすごいスピードで走っていて、とても危険だと思ったし、
息子が後ろから追いかけているのを知っていて、
待たないなんて、息子がかわいそうだと思いました。

その女の子は、息子だからではなく、
男の子と一緒に行くのが恥ずかしいのかもしれないけど、
これでは息子が否定されているみたいで良くないと思い、
その日のうちに、女の子のお母さんにやんわり話をし、
親同士は円満な形で、別々に登校させることにしました。

元々その女の子とは友達だったわけでなく、
家が近いからという理由で一緒に行かせていたけど、
性別とか相性も考えないといけないですね。
娘や今度生まれる下の子が小学校に入学する時には、
もっとそういうことを考えてあげようと思いました。

もう一つは、保育園時代からずっと給食でアレルギー対応をしていただいていましたが、
来年度は、アレルギー対応なしでお願いすることにしました。
長年、除去し続けていたエビとイワシの耐性獲得ができていると判断したからです。
これで毎年行っていた病院でのアレルギー検査や学校への書類提出、
栄養士の先生との面談の必要がなくなりました。

今のところアレルギー反応は出ていませんが、
症状が突然出る場合もあるので、
これからもおかしいなぁと思ったら食べないようにすることを徹底させて、
見守っていこうと思います。





« キッズペディア こども大百科 大図解 | 結婚私の場合トップページ | お茶碗 »


レディースファッション