2014-1-21

保育園の結果


昨日は、保育園の選考結果の発表日。

前回の記事では、

電話で問い合わせはできますが、
いい結果が期待できないことから、通知が来るまで待とうと思っています。
遅くても来週の水曜日には結果がわかる予定です。

と書きましたが、少しでも早く職場に報告した方がいいとNOVが言うので、
解禁される16時以降に区役所に電話してみました。
(同じように結果を知りたい人が殺到しているのか、なかなか電話が繋がらなかった。)

子どもの名前と第一希望の園を言うと、
申し訳なさそうに二人とも待機児童になったことを知らされました。
定員オーバーでも、入れる人は入れるのに…。
特別な事情があったので、次男だけは入れるだろうと思っていましたが、甘かった…。
第6希望まで書いてもダメでした。

この入れる人と入れない人の違いって何なんだろう?
長男(育休から復帰時に待機児童だった)の時もそうだったけど、
何だか行政に見捨てられた気分で悲しくなってきました。
電話に出た職員の方に文句を言ってもしょうがないので、普通に電話を切りました。
長男の時は、すごく文句言ってしまいました(-_-;)ごめんなさい…。

区役所に電話した後は、すぐに職場に電話。上司に報告しました。
そして、現在、当初予定していた5月復帰で調整していただいています。
良かれと思って早めた復帰が裏目に出てしまいました。

前回の記事で、4月復帰を目指すと書きましたが、
育休の延長は、1回(1歳まで)しかできないため、
4月に保育園に入所できなかったら、もう延長はできません。

つまり、預け先がないのに復帰しないといけないという最悪の事態になるので、
安全パイである5月復帰を希望しました。
4月復帰だと慣らし保育ができないけど、
5月復帰だと4月中途から慣らし保育が可能なことも希望理由です。

今回のことで、保育園入所の厳しさを実感。
確実だと思われる4月中途も不安になってきましたが、
次男の受け入れ先のない3月ではなく、5月に復帰の見通しなのでほっとしました。

あまり調べもせずに育休を短縮しましたが、こんなことなら、
最悪の事態を考えて決めれば良かったと反省。
昨日、今日と育休について調べまくりましたが、
育休についてはしっかり考えた上で取得しないといけないですね。
(今更ですが…。)





« 保育園の結果発表後のこと | 結婚私の場合トップページ | 復帰の時期 »


レディースファッション